FrontPage

2013大阪大学 集中講義・国語史講義

レポートについて

予定

12/17

12/18

12/19(午後から)

12/20

シラバス

講義題目:コーパスに基づく日本語史研究

授業の目的:

内省に頼ることができない日本語史の研究において、残された言語資料はすべての研究の基礎である。大量の資料をコンピュータで利用しやすい形に整備したコーパスは、今後の日本語史研究の基盤となるものだといえる。本講義の目的は、受講者が、コーパスに関する知識と技術を身につけ、今後の自らの研究に研究に活用できるようになることである。

講義内容:

近年、現代語の大規模コーパスの公開に続き、古い時代の日本語についてもデータの整備が進み、コーパスに基づく日本語史研究が可能になってきた。 本講義では、テキストデータとコーパスに関する基礎知識、日本語史のデータ作成の歴史について概観したのち、コーパス活用の方法について具体的に解説する。また、近代語の雑誌コーパス、平安仮名文学作品を中心に、コーパスを活用した研究例を紹介する。 最後に、受講者各自の関心に基づき、コーパスを活用した研究テーマに関するレポート作成に取り組む。

授業計画:

下記のテーマについて講義する。

その他


トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-12-26 (木) 15:42:02