**Rを使ってみる

-[[R>https://ja.wikipedia.org/wiki/R%E8%A8%80%E8%AA%9E]]とは
--Rのダウンロード https://cran.ism.ac.jp/bin/windows/base/


-中納言でBCCWJコアの語彙素「矢張り」を検索、語形別に集計

| |雑誌|書籍|新聞|ブログ|知恵袋|白書|
|ヤッパ|1|2||9|4||
|ヤッパリ|20|12|1|30|23||
|ヤハリ|31|54|13|17|31|2|

***独立性の検定(χ二乗検定)
-ブログと知恵袋で「やはり」「やっぱり」「やっぱ」の使われ方に差はあるか

 data <- matrix(c( 9,4,30,23,17,31), ncol=2, byrow=T)
 
 chisq.test(data)

帰無仮説(H0):二つのレジスターと「やはり」類の使用頻度には差がない

検定の結果、p<0.05であれば0.05(= 5%)水準でH0は棄却される =二つのレジスターに差がある(レジスターと関係がないのに偶然こうなる可能性は5%以下)

-参考:http://www.weblio.jp/content/%E7%8B%AC%E7%AB%8B%E6%80%A7%E3%81%AE%E6%A4%9C%E5%AE%9A


***クラスター分析
--「やはり」「やっぱり」「やっぱ」の使用から見たレジスター間の距離(どのレジスター同士が似ているか)

 yahari<-matrix(c(
 1,2,0,9,4,0,
 20,12,1,30,23,0,
 31,54,13,17,31,2
 )
 ,3,6,byrow = T)
 colnames(yahari)<-c("雑誌","書籍","新聞","ブログ","知恵袋","白書")
 rownames(yahari)<-c("ヤッパ","ヤッパリ","ヤハリ")
 
 yahari <- t(yahari) #行と列を入れ替え
 yahari.d<-dist(yahari) #距離の計算
 yahari.d
 
 result <- hclust(yahari.d, method="ward.D") #word法でクラスター分析
 plot(result,hang=-1) #デンドログラムを描く
 

-参考:https://www1.doshisha.ac.jp/~mjin/R/28/28.html


***クロス集計表からのコレスポンデンス分析
-「やはり」「やっぱり」「やっぱ」とレジスター

 yahari<-matrix(c(
 1,2,0,9,4,0,
 20,12,1,30,23,0,
 31,54,13,17,31,2
 )
 ,3,6,byrow = T)
 colnames(yahari)<-c("雑誌","書籍","新聞","ブログ","知恵袋","白書")
 rownames(yahari)<-c("ヤッパ","ヤッパリ","ヤハリ")
 
 #MASSパッケージを読み込む 
 library(MASS)
 (yahari.ca<-corresp(yahari,nf=3))
 biplot(yahari.ca)
 
 #固有値
 固有値<-yahari.ca$cor^2 
 round(固有値,3)
 #累積寄与率
 round(100*固有値/sum(固有値),2)


参考リンク:[[Rと対応分析>https://www1.doshisha.ac.jp/~mjin/R/26/26.html]]



トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS